混合栓の交換に挑戦しました。

           

自宅のキッチンには浄水器が付いていないので、市販されている蛇口取り付けタイプの浄水器を取り付けました。簡単に取り付けることができ、これからは綺麗な水が使えると喜んでいました。

しばらく使っていると、混合栓の周りに水がたまっていることに気が付きました。レバーを操作する時に手に付いていた水が流れてたまっているだけだと、最初のうちは考えていました。

しかし、レバーについていた水や周りにたまっている水を良く拭き使っていましたが、また水がたまっていることに気が付きました。手は濡れていないし、何でだろうと思い調べてみました。

レバーを動かしたりしているうちに、浄水器の浄水機能を使った時に水が漏れることに気が付きました。浄水機能を使うと節水機能も働くため、水を勢いよく流し過ぎると圧力がかかり水が漏れるようになったようでした。浄水器を使わなければ漏れないと思いましたが、外しても漏れるようになってしまいました。

普通に使っていても水が漏れてしまうので、混合栓を交換することにしました。交換作業は今までやったことはありませんが、自分でもできそうなので挑戦することにしました。

シングルレバーの混合栓を購入し、ウオータープライヤーなどを用意して作業を始めました。最初は、水が漏れるようになった混合栓の取り外しです。少し古いタイプなので、取り外すのに時間がかかってしまいました。

次は、新しい混合栓の取り付けです。説明書通り作業をしていくと、考えていたよりも簡単に取り付けることができました。取り付け作業の方が、取り外しよりも簡単なのには驚いてしまいました。

取り付け作業が終わり、いよいよ水を出してみることになりました。ドキドキしながらレバーを上げると、水が蛇口から出てきました。

水漏れがないかしっかり確認しましたが、どこからも漏れていませんでした。自分の責任で混合栓を壊してしまいましたが、初めてでも簡単に交換できたので良かったです。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です