北海道の冬には水道凍結と言うことが良くあります。

           

北海道の冬には水道凍結と言うことが良くあります。

当然は行かん歯、家の中なのですが、それでも凍結すりほどシバレることが有るのです、朝起きて台所の水が凍結して出ない時のショックは、大変です。

どのくらいの凍結なのか、お湯で、凍結が解けるのかそれ以上凍るとお湯をかけたくらいでは解けないようだと、水道屋さんを呼ばなくてはなりません。

水道管を電気で、温めるのですが、それがすぐに溶けるのです、この分だと、もう少し置いておくと、自然に溶けたのではと思うと、開票に、掛かるお金が勿体ないと思うのです。

1回着てもらうと、1万円ほどかかりますから、こちらも色々と対策は取っているのです、凍結しそうなときは、テレビに今夜は水道の凍結にご注意下さいとテロップが流れるのですが、出なくても、電気ストーブを点けておいたりして、注意はしているのです。

それでも自然は厳しいのです、氷点下20度を超える様なときは、水を出しっぱなしにすることもありますが、それでも凍結するのです、そんな北海道には冬の厳しさが、有るのです。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です