トイレのトラブル奮闘記!

           

ある日、トイレの水が流れにくいことに気がつきました。最初はそこまで気にしませんでした。水を流しているうちにまた普段通り流れるようになるだろうと思っていました。

しかし、日が経つにつれ詰まり具合はどんどん悪化していきます。一回流すと便器から水があふれそうになるほど水がたまるのです。これは完全に詰まっているなと思いました。

ネットで業者をいろいろ調べました。意外と値が張るものなのだなあと驚きました。急にお金が惜しくなってしまい、自分でやってみようと思いました。業者は最終手段ということにしたのです。

自己解決法もネットで調べました。最初に挑戦したのが、お湯を定期的にトイレに流して、詰まっているトイレットペーパーをふやかして溶かしていくというものでした。自分でできるものはとにかく片っ端から試すつもりでいたので、やってみました。結果、私の場合はうまくいきませんでした。お湯の温度が低かったのか、水を流しているのと同じ反応でした。

次に挑戦したのは、簡易ポンプ(のようなもの)の制作です。空の状態で蓋をした500mlのペットボトルを準備します。ハサミやカッターナイフなどで底の部分を切り取ります。

その底のあいたペットボトルを底の方からトイレの排水口に突き刺して抜くという作業を繰り返すものです。これは私の場合、成功でした。何度か繰り返しているうちに、排水口の奥の方がボコボコと鳴って詰まる前みたいに流れるようになりました。費用の節約のためにもまずは自分で取り組んでみることの大切さを実感しました。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です