2階のトイレが流れが悪くなった

           

中古住宅を購入して初めての冬、2階のトイレが流れが悪くなったなーと思ったらよりにもよって大便の時に流れなくなってしまい、便器の上10cm位のところで止まりました。

これは大変だという事で、妻と近くのカインズホームへつまりを治す道具を買いに行きました。それでしゅぽしゅぽとやってはみたものの、一向に流れる気配はありませんでした。

仕方なく業者を読んで状況を話したところ、ここの所の寒さで配管が凍ってしまったのではないかとのこと。午後3時頃になれば配管の汚物の氷も溶けて流れ始めるだろうからその時に便器に熱湯を入れて下さいとの事でした。

その業者さんは同じ市内の業者さんでお題は結構ですと言って帰っていきました。その方の言う通り、便器の中の水位が下がってきたところで熱湯を入れました。急に入れると便器が破損する恐れがあるので最初は60度ぐらいのお湯で慣らしてそれから熱湯を入れました。

その後1時間ぐらい待機しさっきのしゅぽしゅぽを使ってみましたが、最初は反応なし。10分くらい妻と交換で行ったところ、ある瞬間ゴボゴボと音を立てて水が減り始めました。

チャンスと思い一気に作業をすると汚物は一気に流れていきました。しかし安心は出来ないと思い、水を少しづつ流してみて流れる事を確認してからいつものトイレの様に水を流しました。すると平常時の様にすっかり流れるようになりました。トイレが詰まる原因は色々ありますが、2階から1階への配管が凍って詰まるというのは初めで聞いた出来事だったので大変勉強になりました。その冬は2階は大便はしないで過ごしました。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です