台所シンク下収納の臭いと腐食

           

夫の両親と同居するにあたって、20年前、二階部分にミニキッチンを新設してもらいました。シンク下には主に鍋類と洗剤類をストックしていましたが、毎年梅雨時になるとカビの臭いに悩まされていました。

3年ほど前にシンク下の収納の床板部分(二階の床には問題なし)が凹んでいることに気づき、板を置いて応急処置していたのですが、先日のぞいてみると、床板部分が腐食していました。

床板は手で剥がれるほどグサグサに腐食しており、夫は板を買ってきて打ち付ければ問題ない、と言ってくれましたが、念のためクラシアンさんに問い合わせました。

夜9時を回っていましたが、その日の内に担当となる作業員の方から連絡があり、翌日には見に行きますとのこと(見積だけなら無料)。翌日見に来てもらうと、シンクから出ている排水管が、床の排水管を通す穴に突っ込んであるだけで、穴の周囲が固定されていないので、これがひどい臭いの原因ではないかとのことでした(普通は絶対に固定するそうです)。

また、キッチンの新設から6年後くらいに、ガス給湯器をつけてお湯がでるようにしたのですが、排水口に流したお湯の蒸気が逆流して固定されてない穴から上昇したため、床板の腐食につながったのかも、と言われました。

その場で①穴を塞ぐこと②板を張り替えてもらうことの2つを依頼し、2時間ほどで作業完了でした。板は作業員の方が直接ホームセンターで購入され、ついでにお風呂の2つ穴のパッキンが緩んで水漏れしているのを交換してもらった(5,000円)のを含めて43,000円ほどでした。

ちょっと高いかな…とも思いましたが、シンクそのものを交換すると大掛かりな工事になるので今回はこの作業内容で良かったと思います。ちなみに、後日アフターケアのためにお電話頂いた際、お風呂の水漏れ音が治ってないので見てもらうと、水道管からの水漏れでした。

だったらパッキンは替えなくてもよかったのでは…と思いましたが、結局水漏れ修理はホース交換で15,000円でした。

排水口が固定されているかどうかは、なかなか素人では確認しづらいですが、ある程度年数の経った建物の場合、ひどい臭いやカビ、駆除しても害虫がでてくる…その原因はもしかして排水口にあるかもしれません。ちなみに、床板の張替え後は臭いも無くなり、シンク下収納には主に調味料を置くようにしています。

あります。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です